鳥取・クラフト・TORIMOKO・トリモコ・とりもこ・鳥取県・鳥取市・ハンドクラフト・torimoko・木工・陶芸

2012年

10月

18日

つるし柿60個完成!

出来てしまえば少ないな〜。手間ひまかけて結局これだけ。ウ〜ン寂しい!北風をたっぷり浴びておいしくな〜れ!北向きの二階の窓の外は,朝夕の冷たい空気が良いみたいで、雨の日や気温が上がる日は、気が気ではない。これから約1ヶ月、毎日監視して腐らないようにしないとね。タノシミ、タノシミ。

3年前に北側の庭にあったツバキの木がちょっと邪魔になったので切ってしまいました。でも、せっかく育った木なので、途中で残して顔を彫ってみました。名前は「ツバキ君」庭に出るタヌキ君やムジナ君,そしてヌートリア君のお友達でもあります。今回のツバキ君の使命は、つるし柿を見張ることです。よろしく頼む!

2012年

10月

17日

夏の名残、深まる秋の楽しみ。里山暮らし。

秋は一気に訪れます。先週の日曜日、4台の扇風機を分解し、それぞれクリーニングして片付けました。代わりに登場したのがストーブとこたつセットです。

庭の枯れ葉や雑草を二日がかりでやっつけて、庭も少しは見れるようになりました。畑にはくたびれた夏野菜の姿があまりにも無惨だったので、きれいに処分。トマトの枯れ枝にしがみついていた子どもトマトも絶対に捨てる事なく、ラッキョウ酢に漬けて,ピクルス代わり。

このところ毎日、柿の葉の掃除で奥さんは大忙し。気温も下がり、秋本番の鹿野の我が家です。

今年の柿は去年の半分の量です。でも、大きさは程よく、しっかりしています。

吊るし柿の加工シーズンが来ました。土日に収穫した渋柿を納屋に保管しています。のんびりしている隙はありません。早くしないと柔らかくなってしまうので結構プレッシャーでもあるのです。皮を剥いて、熱湯に浸けて殺菌、ヒモにむすんで軒先に吊るします。もちろん二階の軒先です。しかも北向きの窓。こういう風景はやっぱり町ではできなかったので、作業中、とても楽しい時間を過ごしているんだなと感じながらやりました。

なぜ、二階の北向きの軒先でなくてはならないのか・・・・・

いろんな知恵があるものなんですね。知らなければ知らないで、別に何の影響もないのですが、ここで暮らしていれば知っていた方がいいわけで・・・・。

実におもしろいものです。

 

・・・てな訳で吊るし柿が無事、完成するまでオタノシミに。

2012年

9月

26日

遅めの「秋」。やっと彼岸花が咲きました。

酷暑の夏もやっと終わり、ひんやりとした空気につつまれる朝夕。なんとなくホッっとする毎日です。稲穂も黄金色に染まり、あちこちで稲狩りのシーンに出会います。ところが、毎年見慣れている風景に何か足りない物が有りました。それが、あの真っ赤に咲いた彼岸花。

ことしは彼岸が過ぎてもその花が見えなかったのです。でも、心配ご無用、ちゃんと咲きました。本格的な秋を知らせてくれる彼岸花こそが、私にとっての秋の花。

 

今年はエルニーニョ現象で「暖冬」の予告。去年の豪雪には悩まされたが、今年は少し安心かな?でも、来てみなきゃあ分からない。自然に身を任せるが一番です。

2012年

9月

01日

秋色に変わる。

2012年

8月

15日

猛暑の中のバーベキュー!

 

真夏日、続く!  一見、すずしそうな写真ですが、実はこの日の温度は36度!!

この中でのバーベキューは究極でした。考えてみればビール飲んで,肉たべて、ビール飲んで……

でも一度もトイレ行かなかった。全部,汗になっちゃいました。

 

火起しから最後の焼きそばまで、よく動きました。ダイエットにはイチバンですね。

でも熱中症には気をつけてネネネ!

 

2012年

6月

30日

とうとう出来ちゃいました。

野菜作りを始めてから約1ヶ月。あっという間ですね。もうキュウリなんて、食べられるくらいに育ちました。過ぎてしまえば何でも無いようですが、やっぱり一日一日、手をかけてやらなければ大きくならないのです。農家の方々の苦労を身にしみて感じています。

 

このところ、近所の方々からの頂き物が多くて,本当に心から感謝です。昨日は、専業農家のカズオさんからキャベツを頂きました。しかも友達の分まで。ありがとうございます。

 

このカズオさんは、地域でもトマトづくりで評判が良くて、直売所でもいち早く売れるそうです。やっぱりスゴイです。 今朝はハルオさんからジャガイモとタマネギをいただき、裏のオバアチャンからもいただき、感謝感謝の夏です。お返しは、おいしく食べることと決めていますが、ちゃんと考えてますよ、ワタシだって。

 

ということで、ワタシの成果をご覧下さい。小さな畑で頑張ってます。ま、これがワタシくらいには丁度いいのですが。こんなに成長すると可愛いですね。どんどん食べていかなきゃ、おっつかないですね。

毎朝の食卓を飾っていますよ。今朝だってね。

野菜もそうだけど、花も賑やかになって来たぞ。

とりあえず、育ち盛り植物たちも、見てやってくれい!

梅雨らしくない今年の梅雨です。雨の多いこの鹿野で降らない。

九州は大雨で被害続出って今、なんか変だね地球。梅雨前線が上がってこないもんね,中国山脈から。

 

というわけで、ビーチパラソル買っちゃいました。田舎に全然合わないこのカラー。

グリーンのちょっとシブいヤツ、買おうと思ったんだけどお高くて・・・・ね。

これだと、720円で済むもんね。背に腹は代えられないってとこです。

 

デッキでお茶、マーガレットも枯れて、ちょっと寂しいけど畑の草取りで気をまぎらわせましょうか。

2012年

6月

11日

梅雨の入り、日々成長の野菜たち。

ここまで来ました。近所の農家の方々のお話しは勉強になります。「水やり」は、私、間違っていました。

「野菜も子どもと同じ、甘やかしてはいけない」ということを教わりました。「野菜は水が欲しくなったら自分で水を探して根をのばす。それが成長につながる。毎日水がもらえると思えば、野菜だって自分で探さないで水をくれるのを待つようなるんです。」ウ〜ンなんという説得力!まさにその通りですね。

梅雨に入ったこともそうだが、すこし知らん顔をすることに決めました。

ご覧ください。すごい勢いで成長しています。タノシミ、タノシミ。

これは198円のゴーヤです。この成長ぶりにはオドロキです。それに比べ58円の苗たちときたら・・・・。どんな実が着くのか、期待させちゃいますよね。

 

梅雨の晴れ間は貴重、デッキでお茶はサイコー!

この時期の晴れ間はとても貴重です。それでなくてもここは雨の多い地域です。たまの晴れ間は外でティータイム。我が家では、なるべく外でお茶や食事を楽しむようにしている。「外食」文字通りですね。鳥のさえずりや、木々の葉ずれ音、たまに庭を横断するタヌキやイタチを眺めながらの時間は、何物にも代え難いものです。暑い夏が来る前のちょっとした安らぎの瞬間です。6月10日。

そろそろマーガレットは終わりかな?よく楽しませていただきました。サンキュー!

 

2012年

5月

21日

金環日食見ましたか?

そのとき、私の暮らす鳥取の山間でも晴天に恵まれました。

理屈は分かっていても、不思議な雰囲気に包まれた時間でしたね。いくつか写真を撮ってみましたが、これが金環日食の影響?なんでしょうか。確かな事は、いつもうるさいくらいのウグイスの鳴き声が止まっていたこと、とても静かな時間の中で壁に移るボヤけたようなツバキの陰に癒しを感じ、やけに美しかったことだ。

 

残念ながら鳥取では「金環」は見えませんでしたが、確かに一部欠けた太陽が見えたようです。溶接マスクで見た方もおられたようで・・・。しかし、何も知らない昔の人は心底ビビったんだろうね。