鳥取・クラフト・TORIMOKO・トリモコ・とりもこ・鳥取県・鳥取市・ハンドクラフト・torimoko・木工・陶芸

クラフト作家・作品のご紹介

全国各地へ出店!精力的に行動する「おぎはら工房」さん。「願字玉」は、あなたの心の応援団!心を込めて一つ一つお作りしています。

TORIMOKO(トリモコ)では、木工(願字玉)の作家を紹介しています。一年の半分を鳥取で作品製作、後の半分は日本各地へ出向き、お客様とのコミュニケーションを楽しみながらの営業活動。年齢を感じさせない不思議なスマートライフを満喫しておられます。あなたの街のデパートで見かけたら「鳥取トリモコみたよ!」と、一言、声をかけてください。

 

 

鳥取のクラフト作家 荻原克明

荻原 克明

おぎはら工房/木工

富士山、芸者は昔。

フランスで、いやローロッパで人気はここ最近アニメブーム。したがって持って行った「富士山」「芸者」「相撲」なんて文字は誰も見向きもしないからオドロキだ。もう過去の話。今や「龍玉」いわゆるドラゴンボールだ。そして「ナルト」、絶大な人気である。しかも日本語を話す若者の多さにもオドロク。

そして今は「武道」に熱心だ。女の子の「なぎなた」にも驚かされる。恐るべし日本文化。結局会場に訪れた客は約30万人、いいのか悪いのか陸続きの結果だ。島国の考えは及ばないのである。

「願字玉」in PARIS


2015年夏、願字玉はフランスへ出店!石文化のユーロッパでは、木の塊を握る習慣はなく、最初手に持った願字玉に「hot!」とと感じたようだ。代わるがわる手にし、その木の温かな感触を楽しんでいた。



紙原四郎さんの作る切り絵の「昆虫たち」。半透明のフォログラフが昆虫に生命感を与えます。

黒い紙をカッタナイフで切り抜き、裏面に半透明のフォログラフを貼ります。中央をボンドで接着し、羽の部分を少し持ち上げ立体感を出します。

見る角度により、虹色に反射し生命感を演出します。

 

●作品は、170mm×170mmの杉の額に収められています。

●一つ一つ紙原さんが作成されています。全く同じものというものはありません。

●バックカラーはゴールドとシルバーの2種類です。

●ご希望に応じますので、ご指定ください。

●制作期間はご注文いただいてから約2週間。

 

●価格は一つ ¥5,500(送料・税込)

 

 ▼下記の見本をご覧ください。

昆虫の種類は、見本の5種類(アゲハ2種)となります。

●ご希望の昆虫と、バックカラーを選んでお申し込みください。確認メールを送ります。

上左から「カミキリムシとアリ」「アゲハゴールド」「トンボとセミ」、下の段左から「クロアゲハ」「オオゴマダラ」「アゲハシルバー」額は全て杉板性でオリジナル手作りです。(アクリル使用)。